東京五輪ボランティア、大学1~2年生の約半数は「参加したい」 一方で「学生をタダ働きの労働力としか見てない」という批判も

クリエイティブPRは9月26日、大学1、2年生176人を対象に実施した東京五輪・パラリンピックのボランティアに関するアンケート調査の結果を発表した。

現時点でボランティアに「参加したい」と答えた学生の割合は47.7%、「参加したくない」は20.5%で、残りの31.8%は「どちらとも言えない」だった。東京五輪のボランティアは”やりがい搾取”、”学徒動員”と批判されてきたが、半数近い学生は参加を希望していることがわかった。

参加したい理由「選手などと会えるかもしれないから」