「10キロを背負って登校している」”置き勉”賛成の保護者は7割にのぼるも、一部「ノートチェックができるか心配」の声

教材の大型化などでランドセルや通学バッグが重くなりすぎているとして、教材の一部を学校に置いて帰宅する「置き勉」を認める動きが出てきている。

地域コミュニティーサービス「マチコミ」を展開するドリームエリアは9月26日、子どもの「置き勉」に関する調査結果を発表した。調査は今年9月にインターネットで実施。「マチコミ」利用者で子どもがいる保護者3万6941人から回答を得た。

学校へ持っていく荷物が子どもの負担になっているかと聞くと、74%が「負担になっていると思う」と答えた。具体的には、

「教科書だけでなく、音楽の授業で使用する鍵盤ハーモニカを持ち帰ることで、手がふさがってしまい心配」
「万が一地震や台風などの自然災害が起こった際に身軽に行動できるようにして欲しい」

といった声が寄せられた。

「盗難・いじめにつながるのでは」「鍵付きロッカーの設置をしてほしい」と心配する親も