「アダルトサイト閲覧中の姿を撮影した。ばらまかれたくなければ仮想通貨で支払え」新手の迷惑メールにIPAが注意

情報理処理推進機構(IPA)は10月10日、「性的な映像をばらまく」と恐喝する迷惑メールの注意喚起を行った。同団体には今年7月以降、

「アダルトサイトを閲覧しているあなたの姿をウェブカメラで撮影した。家族や同僚にばらまかれたくなければ仮想通貨で金銭を支払え」

というメールを受信した、という相談が多く寄せられている。この相談を初めて受けたのは今年3月。4月から6月にはなかったものの、7月に再度寄せられたという。7~8月は合計30件、9月には263件にのぼる相談があった。

メールに「現在使用しているパスワード」が記載されている場合も