転職のきっかけになった職場の人間関係、1位「先輩」 「指示に一貫性ない」「気分に浮き沈みがある」など不満

エン・ジャパンは10月9日、「職場での人間関係」に関する調査結果を発表した。調査は今年8月~9月に実施し、エン転職の利用者1万776人から回答を得た。

転職経験がある人のうち、人間関係が転職のきっかけになったことがある人は53%だった。きっかけになった関係は、1位「先輩」(45%)で、2位「同僚」(22%)、3位「直属の上司」(18%)と20ポイント以上の差を付けた。年代別で比較すると、20代は「同僚」、30代以上は「直属の上司」が高い傾向にある。

「お菓子を配り雰囲気を良くしようとしている」職場環境を改善するための工夫も