南青山の児童相談所開設「港区の価値下がる」反対住民の言い分にネット衝撃「プライド持ちすぎ」「一部のセレブが価値下げてる」

港区が、区内・南青山に開設予定の「港区子ども家庭総合支援センター」をめぐって、反対する地域住民と区が揉めている。南青山の一等地が建設予定地になっているため、DV被害者や非行少年の保護施設を建設すると、地域のブランド価値が毀損されると心配する住民がいるようだ。フジテレビの報道によると、10月14日に開かれた地域住民への説明会では、反対派の住民が、

「表参道の超一等地に(中略)そういうものを持ってきた時に港区の価値が下がるんじゃないかと思うんですね」
「世界的ブランドがここまで集まってるのは青山しかないんですよ!」

と怒声を上げる場面もあったという。

青山の未来を考える会担当者「あの場所には支援センターでないものを造った方がいい」