公立校教員の過酷な労働環境 「時間内に仕事が終わらない」が8割超、過労死ライン超えも半数以上

連合は10月18日、教員の勤務時間に関する調査の結果を発表した。調査は全国の公立学校に勤める教員1000人を対象に実施した。

月曜日から金曜日の学校内での労働時間は、平均で52.5時間だった。校種別では、小学校で52.6時間、中学校で56.5時間、高等学校で49.4時間だった。週60時間以上働き、過労死ラインを超える人は29.7%に上った。

自宅での労働時間は、0時間が44.5%に上ったものの、2時間以上4時間未満が14.7%、10時間以上が10.3%で、平均は2.8時間だった。土曜日と日曜日の学校内での労働時間についても、51.9%の人が0時間と答えているが、10時間以上という人も10.3%おり、平均は3.2時間だった。過労死ラインを超えて働いている人は全体の53.4%に上った。

管理職に早く帰るよう言われるも「持ち帰り仕事が増えた」が約半数