なぜアイドルは搾取されるのか? 椎木里佳が「女の子の夢を利用する大人」を批判「アイドルは商品ではない」 

今年3月、アイドルグループ「愛の葉Girls」のメンバー・大本萌景(ほのか)さん(当時16)が自殺した。所属事務所は萌景さんが脱退したいと告げると、LINEで「次また寝ぼけた事言いだしたらマジでブン殴る」などと返していた。

遺族はパワハラや過酷な労働環境が自殺の原因だったとして、所属事務所を相手に訴訟を起こしている。これだけでなく、アイドルと所属事務所の間で訴訟に発展するケースはあとを絶たない。

10月17日放送の『モーニングCROSS』(TOKYO MX)でもこの問題を採りあげた。10代でマーケティング企業を創業した椎木里佳(20歳)さんは、アイドルを商品として扱う、「アイドルになりたい女の子たちを利用する大人たち」を批判した。(文:okei)

「レッスン料など費用がかかっている」と安月給や無給を強要