男性のスキンケアは「当たり前」の時代に? エリートビジネスマンの間でスキンケア熱が高まっている理由

スキンケアは女性が熱心するもの、というイメージは古くなりつつある。資生堂が実施した「業界別スキンケア実態調査」によると、20~50代男性の約6割が、スキンケアは「仕事上当然」と回答したという。

富士経済の調査によると、2007年に143億円だった男性スキンケア商品市場は、2018年には231億円になると見込まれている。もはや、スキンケアをしない男性が少数派になりそうな勢いだ。

そこで今回、企業の男性社員向けに「肌マネジメント研修」を実施する資生堂ジャパン・パーソナルケアマーケティング部の堀一臣さんに、ビジネスマンの最新スキンケア事情と具体的なスキンケア方法を聞いた。

スキンケアをしている人ほど「出世が早いと感じる」「コミュニケーション能力に自信」