2019年卒採用、7割の企業「内定者数や質に不満」 「学生の質の低下」指摘する企業も3割

マイナビは11月6日、「2019年卒マイナビ企業新卒内定状況調査」の結果を発表した。調査は今年9~10月に実施し、新卒採用実績のある国内3013社から回答を得た。

内定者数を募集人数で割った「採用充足率」は84.4%。前年2018年卒を1.4ポイント上回ってはいるが、同社は「ここ10年で最低だった2018・2015年卒には及ばないが、厳しい状況に変わりはない」としている。

業種別に見ると、特に「ソフトウエア・通信」(77.3%)や「サービス・インフラ」「官公庁・公社・団体」(同79.7%)で低かった。一方、「金融」(97.6%)、「製造」(92%)、「マスコミ」(90%)では9割を超えた。

外国人留学生を採用する企業はわずか1割「受け入れ環境が整っていない」