経団連の「創造社会」にネット民ゲンナリ「全然創造的でない」 「日本を解き放つアクションプラン」なのに「ビジョン見えない」

経団連は11月5日、日本の社会が今後目指すべき姿を「創造社会」と名付けた提言書「Society5.0―ともに創造する社会―」を発表した。「創造社会」は、狩猟、農耕、工業、情報社会への変遷に続く5番目の社会のこと。経団連はAIなどの技術革新を見据え、企業活動・教育などの変革の必要性を訴えている。

5日に行われた会見で中西会長は、提言書について

「全体を通じて、自信を持って『日本はできる』という前向きな論調にしていることも特徴である。また、経済界の行動宣言という側面もあり、ただ提言をして終わりではない」

と自信を覗かせていた。しかしネットでは「既出な話題ばかりで創造的なことは何も言ってなかった」「ビジョンが全く見えない」など、批判的な声が相次いでいる。

「未来を切り開く鍵は『想像力』(イマジネーション)」