ITと金融を融合したフィンテック事業 元プログラマーで元公認会計士という異色の経歴を持つカウンティア代表が歩んできた道のり

カウンティアは2015年3月に創業し、現在はフィンテック事業に参入。カウンティアの事業には、代表取締役の姥貝賢次が積み重ねてきたプログラマーとしての経験と、監査法人で得た公認会計士としての経験が余すことなく注入されています。姥貝賢次が歩んできた道のりを振り返りながら、その軌跡をご紹介します。

猛勉強の末に公認会計士に転身するも「本当にやりたいことではない」と気づく