社長が現場に直接口を出しすぎてメンバー混乱! 管理職は一体どうすればいいのか

働きがい創造研究所では、中小企業の働きがい向上のために組織の風土改革のお手伝いをさせていただくことがあります。その際、現場の従業員にヒアリングするのですが、社長と管理職ですれ違いが起きていることが多々あるようです。

「先日、社長がお見えになられて○○をしっかりやるように言ってました」
「社長と課長のおっしゃることが違うような気がするのですが、どうしたらいいのですか?」
「社長にあまり現場に来られると作業が止まってしまって困っています……」

みなさんもこうした声に聞き覚えがあるのではないでしょうか。今回はそのような、現場に直接入りすぎてしまう社長の思いを受け止めつつも、管理職として、組織としての一体感をどのように作っていくのかについてお話してまいります。(文:働きがい創造研究所社長 田岡英明)

社長の思いはなぜ空回りしてしまうのか その理由を理解する