ゆうこすがニート時代にやってよかったこと「とにかく好きなこと嫌いなことを書く。”なんで?”を繰り返してキャッチコピー作る」

モテクリエイター「ゆうこす」こと菅本裕子さん(24)が12月7日、ツイッターでニート時代にやってよかったことについて投稿した。ゆうこすさんは、

「自分の好きな事、嫌いな事をとにかくノートに書いて、それが何で好きなのか、何で嫌いなのかってずっと『なんで?』を繰り返してたんです」

といい、挙げた項目ひとつずつキャッチコピーを付けていったという。

自分の言葉で感想を持てないと意味ないってか、なんていうか寂しい」