大企業の働き方改革、中小企業にしわ寄せ「サプライチェーン全体でコストをどう吸収するか考えていく必要ある」

企業規模に関わらず働きやすい環境が整備されてほしいものです

企業規模に関わらず働きやすい環境が整備されてほしいものです

12月18日の『モーニングCROSS』(MX系)では、矢野経済研究所の水越孝社長が、中小企業の過酷な現状を語った。水越氏は多くの中小企業が人手不足を実感し、「教育投資を拡充したり、機械を入れたり、職場環境の改善であったり、待遇の改善などをやっている」と話す。

ただ、人手不足対策で生じたコストの上昇を価格に転嫁できていないケースが非常に多いため、「費用が上がるけど売上が上がらないので利益率が下がる」状態だと指摘。人手不足対策が中小企業の首を絞めている現状を説明した。(文:石川祐介)

「経団連のボーナス支給額データは日本の0.0038%のことしか言っていない」