日本の労働生産性はいつ上がる?主要7か国で最下位 アジア5か国では生産性の上昇率・幅共に最低

生産性の国際比較

生産性の国際比較

日本生産性本部は12月19日、「労働生産性の国際比較2018」を発表した。2017年の日本の時間当たり労働生産性は47.5ドルで、OECD加盟36か国中20位。主要7か国では最下位で、1970年から続く最下位記録を更新した。

トップはアイルランドの97.5ドルで、2位はルクセンブルクの94.7ドルだった。アメリカは72ドル、イギリスは53.5ドルだった。

製造業の労働生産性は2000年にはトップ、2016年には15位にまで低下