勝間和代、ZOZO前澤氏のお年玉キャンペーンに「広告費1億円なら安い」「すしざんまいのマグロ3億円より使い勝手がいい」と分析

画像は番組公式サイトのキャプチャ

画像は番組公式サイトのキャプチャ

ZOZOの前澤社長が1月5日にぶち上げた「総額1億円をプレゼント」のお年玉キャンペーン。締め切りの7日深夜にはフォロワーは600万人を超え、リツイートは560万以上というお祭り騒ぎとなった。

1月7日放送の「バラいろダンディ」(TOKYO MX)でもこのニュースを取り上げると、経済評論家の勝間和代さんは「1億円は広告費として安いくらいです」などと解説した。

敏腕編集者として知られる幻冬舎の箕輪康介氏も、「1億円をばらまいているだけと言う人もいますが、1億円の広告費でこれだけフォロワーが増えて、ニュースに取り上げられる。こんなにハマった施策は最近見たこと無いですよね」と絶賛している。(文:okei)

フォロワーを増やして「ZOZOのリピーターにさせる自信がある」と分析