【朗報】「日本の未来は明るい」と答える新成人が増加傾向 「オリンピックや万博がある」「景気回復のニュースを見聞きする」

徐々に上昇しています。

徐々に上昇しています。

マクロミルは1月8日、「2019年新成人に関する定点調査」の結果を発表した。調査は2018年12月中旬に実施し、500人(男性250人、女性250人)から回答を得た。

日本の未来を「明るいと思う」と回答した人は37%。理由として挙がったのは、「2020年東京オリンピック2025年大阪万博の開催」や、「景気回復のニュースを見聞きするから」、といったコメントが顕著だった。

一方、「暗いと思う」と回答した人は63%と半数を超える。理由は「少子高齢化」への不安や、「政治問題」といった答えが目立った。日本の未来は「明るいと思う」と回答した人は2014年の44%がピークでその後減少したが、2017年からの2年間で徐々に上昇している。

国民年金の信頼度は過去最高41%「国の制度・運営だから」