逆効果だった退職時の引き止め「転職先の悪評が書かれた記事を渡され、これでも転職したいのか?と聞かれた」

転職の引き止め

転職の引き止め

リクルートマネジメントソリューションズは1月18日、若手社員の転職に関する意識調査の結果を発表した。調査の対象は、25~32歳の515人。従業員300人以上の企業に新卒入社した大卒・大学院卒の正社員のうち、入社4年目以降に転職した412人と、転職はしなかったが、4年目以降に転職活動で応募先の企業の面接を受けたことがある103人が回答している。

転職を考える前の仕事や会社への満足度や貢献度が高い人を「高適応群」、低い人を「低適応群」に分けた。高適応群の人からは、転職理由として、

「4年目になり日常業務に慣れてきてある程度の満足度を得られており、次のステップを他業界で踏みたいと思い始めたため」(金融・保険、女性)
「海外駐在をしていて、その国にいることが自分の成長にこれ以上はつながらないと判断したため」(機械・電機機器、男性)

といった前向きなコメントが寄せられた。

「単なる労働力の一部としての引き止めだったため、愛想をつかした」