若者の結婚率向上に必要なのは「一人暮らしの家」 親と同居だと「自立して恋愛して結婚に至る基盤ができない」

首都圏では、若者が単身で住める家が減っています

首都圏では、若者が単身で住める家が減っています

朝日新聞が1月24日、25~34歳の未婚男女を対象に実施した調査結果を発表した。調査によると、親と別居している男性の「交際相手がいる」と答えた割合は32%だったが、同居の人は16%に留まったという。女性も、親と別居している人のうち交際相手がいる人は38%だが、同居の人は25%と減る。

この結果を受け、1月30日の『モーニングCROSS』(MX系)では、ジャーナリストの三木哲男氏が結婚と親との同居の関係性について語った。三木氏は、現在の若者は親との同居率が非常に高く、そのことが結婚率に大きく影響していると解説した。(文:石川祐介)

深刻な若者向け単身住宅の不足「首都圏で家賃5万円以内の住宅が減り続けている」