生徒の成績で教員を評価、大阪市の施策は「教師の軋轢生み授業の質下げる」教育コンサルが苦言

適切な運用は守られるのでしょうか

適切な運用は守られるのでしょうか

大阪市教育委員会は2020年度から、同市や府教育委員会が実施する学力テストの成績を、小・中学校の校長の人事評価に反映させる。各学校で偏差値の向上目標を設定させ、その達成度が校長の人事評価に直接影響する形だ。目標達成や結果向上に成果が見られた学校には、特別予算を重点的に配分することも決まっている。

2月4日の『モーニングCROSS』(MX系)に出演した教育コンサルタントの中土井鉄信氏は、この施策を受け、「学校改革にインセンティブはマイナス」と苦言を呈した。このシステムだと、校長が教師を評価する際に、担当クラスのテスト結果を加味する恐れがあるためだという。

「学校は多様な子供達がいて、いろんな良い点を見て指導していく。それを、インセンティブを1つに与えたりある数値に与えたりすると、そういった部分が切り捨てられ画一化していく」

学力テストでは測れない子どもの良さが伸びなくなると危惧した。(文:石川祐介)

テストでいい点を取らせ、自分の評価を上げるための授業が蔓延しかねない