【仕事と育児の両立】高まる「病児保育」のニーズ 「子どもが熱を出す度に会社を休むのは難しい」という現状に対応

病児保育室がオープン

病児保育室がオープン

仕事と子育てを両立するため、子どもを保育園に預ける親は多い。しかし子どもが37.5℃以上の熱を出すと、保育園に預けられなくなってしまう。近くに頼れる親戚がいなければ、夫婦のどちらかが仕事を休んで子どもの面倒を見なければならない。

そうした問題の解決に向け、認定NPO法人フローレンスは、病気の子どもを受け入れる「病児保育室フローレンス豊洲」(東京都江東区)を今年1月に開設した。有楽町線もしくはゆりかもめの「豊洲駅」から徒歩1分に位置し、2月4日時点で利用登録者数は500人以上に上るという。

保育料は1日3000円、水痘・麻疹・結核以外の全ての症状で利用できる