賃貸で住みたい街「池袋」が3年連続で1位 交通利便性とエンターテイメント性が人気

3年連続1位の池袋

3年連続1位の池袋

不動産・住宅情報サイト「LIFULL HOME’S」を運営する「LIFULL」は2月7日、「2019年 首都圏版LIFULL HOME’S住みたい街ランキング」を発表した。

「借りて住みたい街ランキング」の1位は「池袋」で3年連続。LIFULLはその理由を、

「駅周辺が広く発展しており、商業施設や娯楽施設が集中する繁華街でエンターテインメント性があること、JR山手線や西武池袋線ほか計8路線が乗り入れるビッグターミナルでアクセスに便利なこと、大学や専門学校などが多くある学生の街であることなどが人気」

と分析している。

2位以降には「川崎」「中野」「高円寺」が続き、上位4つの街は昨年と同じで、不動の人気を獲得している。

「買って住みたい街」では「目黒」が初の首位 都心エリアの人気が戻る