受託開発のレヴェル エンジニアが幅広い仕事に携われる「いいとこ取り」の働き方

東京・日本橋に本社を置く株式会社レヴェルは、高品質の受託システム開発を行う会社として知られる。東日本大震災の後には復興支援を兼ねて宮城・仙台に支店を設置し、社員の提案を踏まえ社内教育も充実させた。同社代表取締役の夏栗修一社長と、東北支店マネージャーの多田敬一郎氏、教育研修担当の梅木貴寛氏に話を聞いた。

「品質特別賞」のトロフィーを前に。(左から)株式会社レヴェル代表取締役の夏栗修一社長、教育研修担当の梅木貴寛氏

「品質特別賞」のトロフィーを前に。(左から)株式会社レヴェル代表取締役の夏栗修一社長、教育研修担当の梅木貴寛氏

――御社は現在、どのような事業を行っているのでしょうか。

夏栗 設備建設業、物流運輸業などのシステムの受託開発が主な事業で、大手企業のシステム開発を上流工程から一括で請け負っています。

富士通コアパートナー認定を初期のころから継続的に受けており、「富士通グループコアパートナーフォーラム2016」で「品質特別賞」の表彰をいただいたこともあります。

――社員研修に力を入れているのだそうですね。

夏栗 業界には、社員に教育をきちんと施さないまま現場に投入してしまう会社もあります。しかし、それでは業務の品質を確保することはできませんし、仕事のパフォーマンスも上がりません。

当社では、新入社員に少なくとも4か月、場合によってはそれ以上の時間をかけて研修を受けてもらい、プログラミングの経験がまったくない新人でもエンジニアに育てあげる体制を作っています。研修を充実させたことで、業務に入ってから戦力になる社員が増え、定着率も高まりました。

社員の習熟度に応じて研修をカスタマイズ