「夫の年収、いくらなら専業主婦でも大丈夫?」妊婦の問いかけに「都内で子ども2人だったら1000万でもキツい」と甘くない声

「夫の年収、いくらなら専業主婦でも大丈夫?」

「夫の年収、いくらなら専業主婦でも大丈夫?」

いつからでしょう、専業主婦に対する世間の風当たりが厳しくなったのは。厚労省の「国民生活基礎調査の概況」(2018年)を見ると、子どものいる母親が仕事をしている割合は 70.8%。じつに7割の人が働いており、数値は上昇傾向にあります。

2月26日、ガールズちゃんねるで、もうすぐ子どもが生まれるという女性が「夫の年収、いくらあれば専業主婦でも大丈夫だと思えますか?」と問いかけました。都内に暮らし子どもは2人欲しいと希望するトピ主でしたが、スレッドの回答は「都内で子ども2人だったら1000万でもキツいんじゃない?」といった、厳しめのコメントが飛び交いました。(文:篠原みつき)

「共働きしないと教育費や老後資金が危うい」将来に対する不安