「快適な目覚め」に特化したホテルが凄い 厚み30センチのマットレス、時計のない客室が全力で寝させにかかる

「眠り」が主役の部屋でした

「眠り」が主役の部屋でした

野村不動産は昨年11月、都内に外国人観光客向けホテル「NOGHA HOTEL UENO(ノーガホテル上野)」オープンさせた。客室のコンセプトは「快適な目覚め」。パンフレットに「熟睡と快適な目覚めとともにフレッシュな旅の1日の始まりを経験していただけるはずです」と書くほど自信があるようだ。

確かに、マットレスはエアウィーヴの特別モデル、ルームウェアと枕はアトモスフェール・ジャポンを採用するなどこだわっている。しかし本当にそこまで「快適な目覚め」を得られるのか。不眠気味の筆者が実際に宿泊してみた。

固さはあるのに寝転がっても背中が痛くならない