3.11の報道「“忘れない”より教訓の検証を」被災地の企業ら呼びかけ「何のために忘れないのか。本質はどこへ」

画像は蒲鉾本舗高政さんツイッターアカウントのキャプチャ。黒塗りは編集部。

画像は蒲鉾本舗高政さんツイッターアカウントのキャプチャ。黒塗りは編集部。

3月11日、東日本大震災から8年が経った。災害に遭った人も遭わなかった人も、今日一日は多くのメディアやSNSで、震災関連の情報を見聞きすることだろう。新聞のテレビ欄には「被災」「ふるさと」「わすれない」などの文字が多く並んでいる。

ただ、ある意味で定番化した報道や取り上げられ方に、被災地からは複雑な声が挙がっている。震災時、宮城県牡鹿郡女川町で災害FMとして開局した「オナガワエフエム(旧:女川さいがいFM)」のツイッターは同日、

「震災を忘れない…と、毎年、3.11になると、女川町はじめ被災地は注目されます。感心を持っていただけることはありがたいですが、新聞、テレビ報道はどうしても話題も方向性も偏りがち。現地に暮らす私たちにとっては、3.11はただの一日に過ぎません」

と呟いた。

旧女川さいがいFM「今の町を見て。人間は無力じゃないということも感じてもらえるはず」