産休育休で7年休業、NHK青山アナへの批判は「ブラック企業社会への過剰適応」 フローレンス駒崎氏

「労働者がブラック企業の論理を代弁している状況」だと言います。

「労働者がブラック企業の論理を代弁している状況」だと言います。

3月半ば、NHKの青山祐子アナウンサーが退局の意向だと報じられた。青山アナは2012年3月から17年2月までに4人の子どもを出産。約7年間、産前産後休暇と育児休業を取得している。15日の産経新聞の報道によると、職場復帰はせずに退職したと見られる。

ネットでは青山アナのこうした行動に「給与もらい逃げ」、「非常識」、「ずるい」などの批判が相次いだ。しかし、認定NPOフローレンス代表の駒崎弘樹さんはこれらの反応を、

「育休は4回取っても40回取ってもいいんです」
「『もらい逃げ』なんて言っているのは制度を理解していない的はずれな指摘」

と一蹴する。

「ブラック企業の論理を労働者たちが代弁している」