高校教員が生徒をバリカンで強制的に丸刈り、問題ないの? 弁護士は「傷害罪になる可能性」指摘

「昔はクラスでやられていた」という声もありますが、時代の変化と共に問題視されています。

「昔はクラスでやられていた」という声もありますが、時代の変化と共に問題視されています。

山口県の県立高校で、クラスの生徒40人全員とその保護者39人が、担任の解雇を求める嘆願書を提出した。3月25日、NHKが報じた。報道によると、高校1年の男子生徒が昨年10月、「髪が長い」という理由からバリカンで頭を丸刈りにさせられたほか、授業中に暴言を浴びせられたという。

指導とはいえ、生徒を無理やり丸刈りにさせることに問題はないのか。落合洋司弁護士は、「同意を得ずに嫌がるところを無理やり切るという意味で、傷害罪になる可能性がある」という。

「ルールを破った生徒を懲戒するのはやむを得ないが、パワハラや人格否定は許されない」