非正規雇用の6割「正社員になりたい」うち8割以上が「未経験の業界・職種でもいい」

転職活動に踏み切れないのには理由があるようです。

転職活動に踏み切れないのには理由があるようです。

ディップは4月4日、「正社員就業に関する意識調査」の結果を発表した。調査は3月上旬に実施。47都道府県在住で、現在非正規雇用で働いている15~59歳の社会人男女9365人から回答を得た。

このうち、正社員の就業を希望する人は64.1%。うち68.8%は不本意で非正規雇用になった訳ではないが、「なれるなら正社員になりたい」と答えた。

正社員での就職を希望している人を対象に、「現在、正社員の仕事で働けていない理由について」を聞いた。1位は「年齢が壁になり採用されなさそう」(23.4%)、2位は「転職活動したが、採用されなかった」(23.3%)、3位は「正社員就業を希望していない」(21.9%)だった。以降、「経歴が不安」(19.7%)、「自分にできるか仕事か自信がない」(17%)、「職場になじめるか心配」(16.2%)と続く。自信の無さや不安が、正社員への転職活動をためらわせている様子がうかがえる。

不安払拭のために「就職後すぐに行う仕事内容を知りたい」