紙幣刷新で「渋沢栄一」をラノベ作家「時雨沢恵一」と勘違いする人続出 ツイッターアカウント名が「時雨沢恵一@お札にはなりません」に

画像はツイッターをキャプチャ

画像はツイッターをキャプチャ

麻生太郎財務相は4月9日、1万円、5000円、1000円札のデザインを一新すると発表した。新1万円札の肖像は「日本の資本主義の父」の渋沢栄一に変わる。これを受け、ネット上では1万円札が「キノの旅」シリーズの作者・時雨沢恵一(しぐさわけいいち)さんと勘違いする人が続出した。

現在、ツイッターで「時雨沢恵一」と検索すると、「1万円」という言葉がサジェストされ、「新一万円札は時雨沢恵一先生?」という投稿が多数出てくる。この事態に、時雨沢さん本人はツイッターで、

「このニュースと関係のないアカウントがこちらです」

と投稿。アカウント名も「時雨沢恵一@お札にはなりません」に変更した。

時雨沢氏「韻を踏んだわけではないが、すんなりハマったのは偶然ではなかった」