GWの休日数、働き方で格差 不定休で働く4人に1人「休日ナシ」、固定休の人は「7~10日」が6割

今年のゴールデンウィーク

今年のゴールデンウィーク

エイチーム引越し侍は4月11日、ゴールデンウィークの予定に関する調査結果を発表した。調査は今年3月に実施し、同社運営の引越し見積もり比較サイト「引越し侍」の利用者1207人から回答を得た。

2019年のゴールデンウィークはカレンダー通りだと10連休になるが、実際に休めるのはどのくらいなのか。ゴールデンウィークの休み日数を聞くと、最も多かったのが「7~10日」(43%)。以降「4~6日」(16%)、「10日以上」「1~3日」(いずれも14%)と続き、「なし」も13%いた。休日が7日以上の人が6割、3日以下の人は3割となった。

「7日以上休みがある」固定休で働く人の7割、不定休の人は3割