残業が減少している業界1位「金融」、2位「IT」、3位「マスコミ」 しかし「月間40時間以上残業」というミドルも依然3割

「月間40時間以上残業」ミドル依然3割

「月間40時間以上残業」ミドル依然3割

エン・ジャパンは4月16日、残業時間に関する調査結果を発表した。調査は今年3月に、同社が運営する『ミドルの転職』を利用する35歳以上のユーザー2113人を対象に実施。インターネット上で回答を得た。

残業時間が増加傾向であるか減少傾向であるか聞いてみたところ、「変わらない」と回答した人が47%と約半数を占めた。「増加傾向」(26%)と「減少傾向」(27%)はほぼ同率の結果となっている。

残業時間が減少傾向である業種は「金融」が39%でトップ、「IT・インターネット・ゲーム」(35%)、「広告・出版・マスコミ」(31%)と続く。一方で「メディカル」、「流通・小売・サービス」、「物流・運輸」では「増加傾向」と回答した人の方が多く、いずれも3割を超えた。

残業が減少した理由、「残業規制による強制的な退社」がトップ