「銀魂」を途中で挫折した人々「銀さんがラノベのハーレム主人公みたいになって脱落」「文字が小さくて読むと疲れる」

画像は銀魂公式アプリのサイトのキャプチャ

画像は銀魂公式アプリのサイトのキャプチャ

「週刊少年ジャンプ」(集英社)で2003年から連載が開始され、コミックス1巻から76巻までの累計発行部数が5500万部以上の人気漫画「銀魂」。多くの人を笑いや涙に包んできた同作ではあるが、途中で読むのを断念した人も少なくないようだ。

ガールズちゃんねるに5月1日、「銀魂脱落した人」というスレッドが立った。スレ主は最終章が始まった時期から、作品のストーリーやキャラが迷走し始めたように感じたという。そして、連載誌「週刊少年ジャンプ」で最終回を迎えられず、再連載した「少年ジャンプGIGA」でも完結せず、「銀魂公式アプリ」で三度目の連載を開始するという”最終回終わる終わる詐欺”に辟易してしまったとも綴った。(文:石川祐介)

「シリアスもいいけど銀魂はおもしろい系でいてほしかった」