一人暮らしに必要な月給、最低でも約25万円 京都市内で生活、時給換算で約1400円以上

必要な生活費は、全国どこでもあまり変わらない、とも指摘します

必要な生活費は、全国どこでもあまり変わらない、とも指摘します

京都地方労働組合総評議会は5月、京都市内で単身者が生活するには、最低でも男性で24万5785円、女性で24万2735円必要という試算を発表した。厚労省の中央最賃審議会が用いている月173.8時間の労働時間で換算すると、時給は約1400円(男性1414円、女性1397円)になる。一般的な労働者の所定内労働時間である150時間で算出すると、時給は1600円程度(男性1639円、女性1618円)だ。京都府の最低賃金は現在882円で、理想の時給とは倍以上の開きがある。

調査は昨年11月から実施。4万4000部の調査票を配布し、約1割にあたる4745部を回収した。このうち、20歳未満から30歳代の若年単身者の調査票は412部だった。

家賃は月4万1000円、交際費は月8000円を想定