「飛行機で隣になった人に話しかける」割合、日本は世界最低 フライト中のコミュ力の低さ明らかに

機内コミュニケーションで他国と差がつきました。

機内コミュニケーションで他国と差がつきました。

エクスペディア・ジャパンは6月27日、「フライト内コミュニケーションに関する意識の国際比較調査」の結果を発表した。調査は4月12日~29日にかけてネット上で行われ、1年以内に飛行機に乗り、ホテルに宿泊した世界23か国の男女1万8237人から回答を得た。

「機内で隣の知らない人に話しかける」と答えた日本人は15%で、世界最低だった。2番目に低かった香港(24%)とも9ポイント差が付いている。逆に、「知らない人に話しかける」と回答したのが最も多かったのはインドで60%。2位メキシコ(59%)、3位ブラジル(51%)と続いた。

「知らない人が頭上の棚に荷物を入れるのを手伝ったことある」約2割