残業のない会社は単純に「良い会社」といえるのか?

sowa20180523

多くの会社において、いわゆる「働き方改革」が推進されています。中身はリモートワークや同一労働同一賃金、副業推進などいろいろありますが、最も中心的なテーマは、労働時間の短縮、残業制限などの「時短」でしょう。

安倍政権も、罰則付き時間外労働の上限規制を導入しようとしています。もちろん、過重な労働時間が問題であることには議論の余地はありませんが、そんなに単純に「残業の少ない会社は良い会社」と言ってよいのでしょうか。(文:人材研究所・曽和利光)

単なる「賃下げ」と「労働強化」ではないのか