中学時代に勉強できた子が”偏差値の高い高校”に行って伸び悩む理由

中学時代に勉強できた子が“偏差値の高い高校”に行って伸び悩む理由

中学時代に勉強できた子が“偏差値の高い高校”に行って伸び悩む理由

中学時代、一生懸命がんばって勉強し、念願の高校に入学したものの、少しずつ笑顔が消えていく。そんな高校生をたくさん見てきました。友達も出来て、部活も入って、学校生活としては楽しいはずなのに…と悩むお母様もたくさんいらっしゃいます。

なぜ中学校から高校生になって、勉強を頑張れなくなる生徒が多いのでしょう。理由は大きく2つあります。(文:個別指導塾「STORY」取締役 妻鹿潤)

「ずっと勉強ができていた」からこそ、成績が上がらなくなるとモチベーションが下がる