ジャニー喜多川氏死去の報道、芸能評論家はどう見たか 「スッキリ!」の“ほぼ全員喪服”に「天皇が亡くなった訳でもないのに」

報道のあり方に疑問が出ていましたが、評論家はどう見たのでしょうか

報道のあり方に疑問が出ていましたが、評論家はどう見たのでしょうか

7月9日夜、ジャニーズ事務所社長のジャニー喜多川氏が87歳で亡くなった。メディアでは一夜明けた10日以降、喜多川氏に関する報道が続いている。番組によっては30分以上、長ければ1時間程度の尺を割き、ジャニー氏の功績を紹介するものが多い。

一方、視聴者からは、こうした報道のいくつかに疑問を感じたという声もある。例えば日本テレビは10日、朝の情報番組「スッキリ」で喜多川氏の訃報を伝えたが、司会やコメンテーターなど9人のうち、黒や紺色以外の色を着たのは1人だけだった。ネットではこの様子に「喪服みたい」「追悼番組でもないのに違和感ある」という声が相次いでいた。

こうしたジャニー氏に関する様々な報道を、芸能評論家はどう見たのだろうか。芸能文化評論家の肥留間正明さんはキャリコネニュースの取材に対し、「こうした対応はまったくおかしい。テレビ局として反省しなければならない」と憤った。

「黒や紺の服を着ていないからといって、哀悼の意を表していないわけではない」