「ブランド品を持つ=見栄っ張り」という風潮に違和感「ロゴに何十万円も出したいと思わせるデザイナーはすごい」

ロゴ以外は一見同じようでも、縫製の丁寧さやアフターサービスの充実度など、違いってありますよね

ロゴ以外は一見同じようでも、縫製の丁寧さやアフターサービスの充実度など、違いってありますよね

はてな匿名ダイアリーに7月11日、「ブランド=ださいと言うヤツ」というエントリーが寄せられた。24歳女性を自称する投稿者は「ブランド品を身に着けている人=馬鹿・見栄っ張り」というネガティブな見方をする人が増えたことに疑問を呈している。

品質はノンブランド品と大差ないのに、ブランドのロゴが入っているだけで価格が何十万円もする商品を持っていることへの風当たりが強いと感じる投稿者は、

「そのロゴが入っているから品質が悪くても何十万円も出して買おうとする思考のどこがダサい?」
「てか多少品質が落ちてもそのロゴに価値を感じ、『そのロゴが入っているから何十万円も出したい!』と思えるものを作ったデザイナーのことをマジですごいと思わないのか」

と激怒した。(文:石川祐介)

「お前が買ったミッキーが書いてあるボールペン。ミッキーが無ければ1本100円程度だ」