みんないくら?年収300万円台の貯金事情「ゼロ。病気になれば生活保護か死ぬか」「100万円。旅行資金として年間50万は減る」

みんないくら?年収300万円台の貯金事情

みんないくら?年収300万円台の貯金事情

「老後2000万円問題」など多くの人が不安に思う貯蓄。国税庁の民間給与実態統計調査(2017年)の年収分布では300~400万円(17.5%)が一番のボリュームゾーンとなっているが、年収300万円台の人は、どれくらい貯金しているのだろうか。今回はキャリコネニュースの「年収と貯金」アンケートから、「年収300万円台」と回答した人の声を紹介する。

現在の貯金額を聞くと「なし」「100万円」という層が多く見られた。貯金なしと回答した人は年収300万円前半台から後半台まで幅広く見られた。年収と貯金のバランスについて聞くと、

「日々の生活でいっぱいいっぱいで、貯金に回せない」(埼玉県/40代女性/独身/年収300万円/目標貯金額1000万円)

「離婚していて、子供が2人いますが、1人がまだ学生で学費他かかるので貯蓄出来ない」(山梨県/40代女性/独身/年収300万円/目標貯金額500万円)

といった声が寄せられた。

年収350万円で貯金100万円「死んだ後の処理を出来る程度の貯金をしたい」