社長会見を見た”吉本芸人”の冷ややかな反応 とろサーモン久保田「悲しいわ。血の通った発言聞きたい」、ノブコブ徳井「非常に残念」

画像はツイッターをキャプチャ

画像はツイッターをキャプチャ

“闇営業”問題をめぐって吉本興業は7月22日、会社として記者会見を開いた。20日に宮迫博之さんが開いた謝罪会見では、同社岡本昭彦社長から「テープ回してないやろな」「会見をしたらお前ら全員クビにするからな」などのパワハラ発言を受けたことが明かされた。

会見は14時から始まり、18時35分現在まだ続いている。記者の質問と岡本社長の回答が噛み合っていないシーンが多々あり、ツイッターでは「いらいらする」「ひどい会見」など批判が相次いでいる。

ツイッターでは吉本興業所属のお笑い芸人からも声があがっている。お笑いコンビ「とろサーモン」の久保田かずのぶさんは、

「悲しいわ。知り合いの芸人、先輩後輩同期、皆同じ事を思ってる。頼むから汗の書いた文字が欲しいんです。生きてる言葉をください血の通った発言を聞きたいんです。どう変わるんですか?」

とツイートした。「ダイノジ」の大谷ノブ彦さんは、会見で岡本社長が「テープ回してないやろな」は「冗談だった」という記事をリツートし、「これはなんだ なんなんだ?」と投稿している。

関連記事:吉本興業社長、パワハラ発言は「和ませようと」「冗談で」 しどろもどろ会見にネットでは批判相次ぐ

「芸人楽屋、ミスターサタンの試合かってくらい冷めた空気が流れている」