建設業の3K(きつい、汚い、危険)を払拭なるか? 深刻な人手不足に悩む「アイアール」が取り組んだこと

アイキャッチ

2019年2月、アイアール株式会社が「ホワイト企業認定」を取得した(ホワイト財団/一般財団法人日本次世代企業普及機構 主催)。

建設業界といえば、「3K(キツい、汚い、危険)」が有名である。そのマイナスイメージから人手不足が深刻な問題になるなか、アイアールは、「建設業は、日本の発展に関わるとても需要な仕事」と認識し、人手不足の解消と真剣に向き合った。

まずは根本にある“キツい”というところから脱却し、ゆくゆくは「建設業を人気業種へ」昇格することを目標に掲げ、自社のホワイト化に取り組んだという。今回はその具体的な内容についてお話を聞いた。

働く場所や仕事内容は「社員の希望」も尊重!技術者の採用人数、目標達成間近!