会社を辞めようと思った理由「事務所にキャバクラ嬢を連れてくる社長」「女上司に体の関係を持たされた」

こんな会社辞めてやる!

こんな会社辞めてやる!

最初から辞めるつもりで入社する者は、滅多にいないだろう。せっかく入社したのだから長く続けたいと思うものだが、それを阻むケースは多々ある。キャリコネニュース読者から寄せられた、会社を辞めようと思ったエピソードを紹介する。

人事異動で事務から営業になった30代女性は、ノルマの重圧に苦しんだ。業務そのものが苦痛ではないものの、結局は契約を取れなければ評価されない会社だった。残業手当はつかず、数字を上げられなければ「上層部からの圧力がひどい」という。

「ストレスにさらされて持病も悪化。帰りが遅い日が続いて子供から『寂しい』と言われてしまった。自分は何のために働いているんだろうかと疑問ばかりになってきたとき、辞めようと思った」

社長に連れ出された映画で作業が遅れたのに「なんで終わってないんだ」と叱責