レペゼン地球主催「炎上万博」をプロ格闘家YouTuberが批判「止めるの遅かったら後遺症が残るかもしれない」

画像はYou Tubeをキャプチャ

画像はYou Tubeをキャプチャ

自作自演のパワハラ騒動で話題となったDJ集団のYouTuber「レペゼン地球」が8月8日、「炎上万博」をアリーナ立川立飛(東京都)で開催した。レペゼン地球メンバーと、過去に炎上したYouTuberが総合格闘技のルールで戦うというイベントだ。

かなり注目を集めたイベントだったが、そこで行われた試合の映像を見た人気YouTuberシバターさんが「すごい危ない」と指摘する。

シバターさんは現役のプロレスラーで総合格闘家としても試合に出場したことがある。8月12日に投稿した動画で、

「レフェリーがそもそも普段格闘技をさばいている人じゃない。格闘技のレフェリーの人じゃない。おそらくは素人なんじゃないかと思います」

と語った。

「格闘技ってこういうルールでしょ?ってくらいの知識で素人がルールを作っている」