2030年までに15兆市場へ?!急成長を続ける「インバウンド産業」の可能性に注目

【斎藤 正寛】株式会社インデンコンサルティング 代表取締役

【斎藤 正寛】株式会社インデンコンサルティング 代表取締役

右肩上がりでの成長を続けているインバウンド市場。日本経済や全国各地でのビジネスに、その重要性は無視できない。この市場を2030年までに15兆円規模に成長させ、未来の子供たちが誇れる産業にしようと事業拡大を続けているのがインデンコンサルティングだ。同社は、24時間365日、スマホやタブレット端末で6言語に対応した約150名のバイリンガルスタッフがビデオ通話で通訳するアプリ「スマイルコール」を運営している。未来の日本、未来の子供たちのためにと語る代表の斎藤正寛氏に、インバウンドの可能性を聞いた。

>>Onepair | 現場の「リアル」を聞いて、自分に合う企業を見つけよう!<<
登録して待つだけ。オファーに興味があれば、まずは気軽に10分話してみよう。
【ダウンロードはこちらから】

日本で暮らす「未来の子供たち」のためになるビジネスをしたい