オンデーズ、入社1年目で年収600万円目指せる給与制度を来春導入 業界初の試み

とはいえ年収600万円の壁は高い

とはいえ年収600万円の壁は高い

オンデーズは2020年4月以降に入社する新卒社員から、一律初任給体系を廃止し、能力別給与体系を導入する。

すべての職種が対象で、販売、国内外責任者候補などの営業職は月給19万~50万円、エンジニア、経理、デザイナーなどの本部職は月給21万~50万円を想定している。初年度から最大で年収600万円も目指せる。

同社の広報担当者によると、新卒の給与が能力別に決まるのは眼鏡業界初。導入を決めたのは、新卒採用の際の「実績や人となりを均一に評価するのが難しい」という課題と、「海外責任者候補を採用するにあたり、留学経験や語学で優秀な成績を持っている人も評価に加えたい」という思いからだという。

海外経験や高い語学力、在学中の資格取得など突出したものが必要