経験者が語るブラック企業の見分け方「面接で精神論を持ち出してくる」「新人研修が自衛隊体験入隊」

経験者が語るブラック企業の見分け方

経験者が語るブラック企業の見分け方

ブラック企業を検索できる「ブラック企業マップ」というものがある。とはいえ、掲載されていない職場に入社しても過酷な状況を目の当たりにすることもある。今回はキャリコネニュース読者から寄せられた、自分流ブラック企業の見分け方を紹介する。

営業職の40代男性は、自身の経験則から「会社が社員の実労働時間をごまかすために、休憩と称した『サービス残業』があるかどうか」と書いている。

「ブラックは基本、拘束時間がむちゃくちゃ長い。でも拘束時間の全部に賃金を払うのは嫌なので、求人票にも『〇時間の休憩時間あり』などと書いてあることが多い」

実際、現場に入ると、その”休憩時間”中にも電話対応などをしなくてはいけなかったという。男性は「ほぼ休んでいることはない。電話だけならまだいいが、慣れてくるとバシバシ作業を詰め込まれる」と記す。

「事務所の規模に対して応接室が広くて無駄に豪華。社長の写真がデカイ」