新卒採用では大学ではなく高校の偏差値を見るべき! 地頭の良し悪しは高校入試でこそ出る

高校の偏差値が重要?

高校の偏差値が重要?

世の企業は今でも学生の”出身大学”を採用基準の一つにしています。学歴フィルターで「一定の偏差値以下の大学生とは面接すらしない」という企業も珍しくありません。

しかし、昨今の学生の売り手市場において、採用担当者が出身大学を基準にして採用することは非効率になってきています。私自身、企業の人事責任者として採用活動をする中、肌でそう感じています。

見るべきは”大学の偏差値”よりも”高校の偏差値”。これが売り手市場における採用の勝ちパターンです。では、なぜ高校の偏差値を見るべきなのか。私の経験も踏まえながらご説明します。(文:株式会社トヨコー 経営戦略室 中村 勇太)

「頭の回転が早い人」が欲しいなら大学の偏差値に固執する必要はない