「大学受験の参考書が月額980円で使い放題」サービスに若新氏「勉強系でサブスクは意味がない」

今月、月額980円で大学受験勉強向けの参考書が「使い放題」になるというサービスがスタートした。スマホアプリで30冊の電子参考書が使い放題になるというもので、参考書は随時追加し来夏には100冊に増やしていくという。

19日放送の「モーニングCROSS」(TOKYO MX)では、慶應義塾大学特任准教授などを務めるプロデューサーの若新雄純氏がこの話題を取り上げ、

「ハウツーや勉強系のサブスクは、実は意味がないから皆さん気軽に手を出さない方がいい」

と、意見した。定額料金のサービス、サブスクリプションが様々な分野に広がりを見せているが、何でもサブスクなら良いというわけではなさそうだ。(文:okei)

「参考書やハウツーものは、使い放題にするとまずい」?