京王グループの「高尾山口駅リニューアルプロジェクト」――2人の匠が明かす、現場のリアル

▲現場を統括した土木本部の岸良健太(写真左)と建築本部の落合剛(写真右)

▲現場を統括した土木本部の岸良健太(写真左)と建築本部の落合剛(写真右)

都心からほど近く、登山道へのアクセスの良さや温泉も人気のスポット・高尾山。その駅舎のリニューアルや温泉施設の開業において、建設の現場を取り仕切ったのが、京王建設株式会社でした。建築と土木の現場を統括したふたりが、知られざる苦労とやりがいの“リアル”を語ります。【PR Tableで読む】

社会のさまざまな風景の舞台裏には、ものづくりの匠がいる

京王建設株式会社

この会社にアクションする